怠惰な自分を更生させたい

様々なことにチャレンジしていきたいと思います。

映画 イミテーションゲーム

最近、大学の春休みを利用して1週間に4つぐらい映画借りて楽しんでます。

ついさっき、イミテーションゲームという映画を見終わったので感想書きます。

 

タイトルとかストーリーに数学者とか出てたんでめっちゃ興味あって見たのですが、内容と共にとても面白かった。

最後は何とも言えない結末で終わっちゃったけど、というか悲しいと自分は感じた。あんだけ頑張って暗号解いて、離婚も仕向けて独り身になったのにまったく救われないエンドで辛いなって思った。

彼の人生は最初から最後までしんどい、昔から天才特有(失礼な言い方ですみません)の行動とかのせいで異質だったためにいじめを受けて、一番の理解者だった親友も戦争?で失い、異性も好きになれなくなって・・・。当時1950年あたりは同性愛者は有罪だったために最終的には刑務所かホルモン投与を迫られて、愛していたコンピュータと一緒にいるために後者を選び、1年後自殺に迫られるなんて・・・。

映画では彼の子供時代から最後まですべて演出されていたのでなんだかとても内容の濃い、濃すぎる人生を見せられた気がする。。

普段私たちが使ってるコンピュータは軍事目的で開発されてたというのは知っていたけど、裏ではこんな背景があってコンピュータは作られていたんだなって思うと、これを命がけで作ったアランという人物を尊敬する。

もちろん、映画だから少しは派手にやってるかもしれないし、もしかしたら足りてないかもしれないけど、こういうことを知る機会を得られるから映画って素晴らしいなって改めて思った。

アランの功績は50年間秘匿され続け、最近2013年に栄誉?を貰ったらしい。最近になって認められるようになったから、よかったと思った。

 

 

彼女と彼女の猫

 

 なんか急に映画とかアニメが見たくなって。そしたら新海誠さんが作ったアニメがツタヤに置いてあったのでさっそく借りてみて見ました!

私も犬だけど、飼っていて作中の女の子と同じような境遇(あと一年後ぐらいにはそうなる)なので、なんだか他人事じゃない感じがして思わず感動してしまった・・・。

犬もそろそろ寿命が来ていて、就職とぶち当たりそうなので耐えられるかなぁ。作中の女の子は一人暮らしだったから余計につらかったろうな・・・。

猫の視点から語られていて、なんかいいな。って感じでした。女の子を助けたいけど届かないっていうシーンはちょっとキました。。いろんな意味が込められてるシーンだったと思う。

この短編アニメを見て、生きてて楽しいことばかり、というわけではなくて悲しいこともいっぱいあるっていうのを実感させられた気がします。

 

関係ないけど、就職するまでにゲームを何か1つ開発してみたいな・・・。これを見てそう思ったので・・・。頑張ろう。

植物図鑑

f:id:gen-193:20170224080024j:plain

有川浩さんの「植物図鑑」を読んでみて、改めて有川浩さんは恋愛を書くのがうまいなって思いました。植物に詳しい謎の行き倒れ男性を女性が酔った勢いで家に入れてしまうというのが最初。

( ゚Д゚)いや、おかしいって!

ってなる所なんだけど、まあとにかくそこから始まっていきます。

しかも酔った翌日には同棲を申し込むぐらいには女性のほうが惚れているというエロゲ的展開()
だってイケメンでお金のかからない料理が出来て(ここ重要)妙に博識ってね。そりゃもう女性のほうが放っておかないだろう・・・多分。

この小説の特徴的なところはなんといっても普段私たちが食べない・意識しないと分からないような雑草を料理にしているところを書いてる部分だと思う。しかもそれがおいしそう。実際にレシピも後ろのページにまとめて載っているから有川浩さんってすごいよね。小説中に出てくる料理はすべて試したものらしいです。

料理だけでなくもちろん2人の恋も書き方が上手い。なんというか温かい。出会いはなんかもうあり得ないんだけど、そこから先は普通の恋愛っていう感じで、そのギャップ?みたいなのが面白くさせてる感じがした。

あと親切だなって思ったのが最初のほうに出てくる雑草の画像。サブタイトルに野草の名前が使われてるんだけど、実際にどういう野草なのかとかが最初のページを見れば一発でわかります。だからとても読みやすかった。文量が多かったのでとても助かった。

 

とても面白かった。妙に暖かくて、出てくる料理はおいしそうで、実際に試してみたくなるような感じで読んでてわくわくしました。

 

植物図鑑 (幻冬舎文庫)

植物図鑑 (幻冬舎文庫)

 

 

推定少女

f:id:gen-193:20170214135833j:plain

やはり桜庭一樹さんだと思った。登場人物のごく普通の思考回路を持つのに予想を上回る突飛な行動を取るところとか、表現の堅い部分があると思いきや「うぇっ」とかちょっと間抜けな表現があったりして面白いなって思った。今回もそれは変わらなかった。

内容だけど、エンディングが3種類ある小説というのはなんだか新鮮だった。けれど正直どれもイマイチピンとくるエンドではなかったなーっていう感想。あまり深く考えないならアリだと思ったけれど、どうして電脳戦士が?とかが一番謎だった。

思春期にありがちな”何をしていいのかわからない”だとか”妙な苛立ち”みたいなのはとてもよく書かれていたと思った。少し前は自分も同じ年だったんだなって思い出して読んでみると共感する部分とかたくさんあって物語に引き込まれていったと思う。だからこそエンディングがちょっと適当な感じがしちゃって少し残念だった。

あ、推定少女って結局どんな意味だったんだろうか・・・。自分は読んでて結局わからなかったな。

Re:ゼロから始める異世界生活11

f:id:gen-193:20170206161546j:plain

今回とても良かったと思ったのが、オットーがスバルを助けるシーンと、ペトラの存在だったと思う。
この2人、ぶっちゃけここまで映えるキャラだとは思わなかった。ペトラに至っては表紙になるレベルだし、オットーの存在が結構大きいと感じた。

 

てか、ホント最後の最後まで気が抜けないストーリーだなって思った。
絶対最後に爆弾持ってくるから本当に面白い。

 

そしてなんといっても、スバルの死に戻りについて確実な情報ではないけれど言及されていたのが今回の一番重要な部分なのかなって思った。もちろん魔女との対話のシーンとか、ロズワールとベアトリスのこととかもかなり重要ではあるけれど・・・。

今回のループもまたきつくなりそうだな・・・というかもう既にこの巻で壮絶だったけどね・・・。死に方が一番嫌な死に方だったと思う。それもまたリゼロの見どころではあると思うからいいんだけど。

 

エミリアがまた隠れてしまわないか心配ではあったけれど流石に大丈夫だよな・・・?ペトラがヒロインになりつつあってちょっとかわいそうだと思ったよ()

 

 

 

ブログ始めました

ブログ始めました。193です!

これからよろしくおねがいします。

 

主に書いていくことは本とかゲーム開発とか書いていこうかなーなんて思ってます。結構自由に書いていくのでよければ見てやってください。

 

あ、備忘録としても機能させていきたいところ・・・。とにかく今日から更新していこうと思うのでよろしくお願いします!